• 手順① まずは病院へ

    まず前提として、医療機関(整形外科・病院)では医師による正式な診断書をもらうことができるので交通事故後は必ず診療を受け診断書をもらいましょう。
    外傷や骨折など大きなケガの初期治療には通院(場合によっては入院)が必須となるでしょう。

    一方整骨院では、柔道整復師という国家資格を有した治療の専門家が主に手技による施術を行うのが特徴です。
    交通事故の施術において整骨院が得意とする領域は、むちうち症(頸椎捻挫)・腰痛(腰部捻挫)・捻挫・打撲・肉離れといった症状です。なぜなら、これらの症状は
    医療機関でのMRIやレントゲンの精密検査では異常なしと判断され見つかりにくいものだからです。
    筋肉や筋膜内に生じるトリガーポイントと呼ばれるものが痛みを引き起こしているわけですが、当然これらはMRIやレントゲンではうつりません。本当は交通事故による衝撃などで体が損傷を受けているのにその本当の原因が見つからないことが多いです。

  • 手順② 自分の症状を知る

    上記の通り、医療機関(病院・整形外科)では検査や手術、投薬などが中心になりますが、整骨院では骨格や筋肉、関節の異常がないかを診察できます。そのため、MRIやレントゲンなど、医療機関の精密検査で異常なしと判断されたが、症状が改善されない方は整骨院で受診されることを推奨します。
    当院では痛みやしびれの原因となる筋肉に着目した施術を行っています。
    一人一人異なる筋肉の状態や全身のバランスを見ることで痛みやしびれの本当の原因となる部分を発見しそれぞれにあった施術を行っています。

    大切なのは
    整形外科(病院)と
    整骨院を上手に通うことなんです!
  • 手順③ 整形外科と整骨院の併用・転院を検討する

    交通事故による怪我は、病院・整形外科と整骨院を併用して通院することが可能です。
    湿布や薬または電気治療だけなど、施術内容に満足できない場合には、医療機関(病院・整形外科)から整骨院に移ることは患者様の自由にできます。

    ①現在の治療法で症状が改善されない
    ②適切な頻度で治療に通えていない
    ③まだ痛みが残っているのに、症状固定として治療打ち切りを提案されている

    特に症状固定として治療が打ち切りになってしまうと、自賠責保険による治療費の補償が受けられなくなる可能性があります。後遺症として辛い思いのまま安易に受け入れる前に先ずはわたなべ整骨院へご相談ください。

  • 手順④ 併用・転院の手続き

    医療機関と整骨院の併用・転院をする際に手続きというと、書類を書いて申請したりと大変なイメージがあるかもしれませんが、実は基本的に保険会社の担当者に転院する先の情報を伝えるだけでいいのです。
    不安のある方はわたなべ整骨院が手続きをサポートいたしますので、ご安心下さい。

    どこで治療を受けるか。決定権は患者様にあります。患者様にとって、最も適切な治療をしてくれる場所を選んで下さい。

整形外科・病院や他の整骨院にかかっていて
こんなお悩みはありませんか?

  • 様子を見ましょう、と言われて治療してもらえない
  • 薬や湿布を出されたがあまり効果がない
  • 牽引治療を続けているが痛みが改善されない
  • 痛みがまだあるのに治療終了を提案されている
  • 高齢者などの対応で忙しく話を聞いてもらえない
  • 仕事の都合で夜や土曜日に診療を受けたいが、診療していない
  • 行っても待ち時間が長くどれくらいかかるのか読めない
交通事故の治療は、とにかく「適切な治療を適切なタイミングで極力早期から始めること」が非常に重要です。
あなたのそのつらい症状に効果のある治療を施してくれるところに、あなたに必要な頻度で通えるところを選ぶことが必要なのです。整形外科や病院だけでなく、整骨院でも交通事故の治療を受けられることをご存じでない方はまだまだたくさんいらっしゃいます。
わたなべ整骨院では患者様が一日でも早く痛みやしびれ、体の不調から解放され交通事故に遭う前の生活に戻れるお手伝いをしたいと考えています。

わたなべ整骨院 患者の皆様へ

交通事故による負傷は整形外科や病院だけでなく整骨院でも治療することができます。

当院では通常の診療業務だけでなく

  • 交通事故後の治療で悩んでいる
  • 交通事故に遭ってしまったが

どの医療機関に診てもらえばよいのかわからない。

そのような患者様の為の相談に乗っております。

わたなべ整骨院 院長 渡邉 義憲

交通事故対策マニュアル
ダウンロード

診療時間

time

ブログ

inchobanner

polepoleebanner